書介--水口拓寿,《儒学から見た風水》。東京:風響社,2015。

撰文者: 甘懷真 (台大歷史系教授)

水口拓寿教授長期致力中國近世風水研究,出版新書《儒学から見た風水—宋から清に至る言説史》。水口教授東京大學博士,現為武藏野大學教授。在博士班階段曾在台灣留學。

從儒學看風水

目次:

緒言

第一章 序論
第一節 本書の主題と研究の方法
Ⅰ 「第一の風水思想史」と「第二の風水思想史」の交錯
Ⅱ 「儒教知識人」の内実と、彼らと風水思想の交渉を取り上げる理由
第二節 先行研究の回顧と検討
Ⅰ 中国風水思想史研究の開始
Ⅱ 「第一の風水思想史」に関する研究の進展
Ⅲ 「第二の風水思想史」に関する研究の進展
Ⅳ 風水思想をめぐる文化人類学的研究からの示唆(ⅰ)
――「風水知識」の成層的な分配における「儒教知識人 兼 風水理論家」の特殊性について
Ⅴ 風水思想をめぐる文化人類学的研究からの示唆(ⅱ)
――「道徳と無関係な技術」としての風水、そして「機械論的風水観」と「人格論的風水観」
第三節 本書の構成

第二章 風水思想の概要
第一節 風水という術数
第二節 風水思想における「吉地」の条件
Ⅰ 龍と穴と砂と水
Ⅱ 儒教知識人による吉地のケースワーク――『人子須知資孝地理心学統宗』を用いて

第三章 『四庫全書』に示された術数学の地位――その構成原理と存在価値について
第一節 はじめに
第二節 『四庫全書総目提要』子部総叙と術数類叙が語る術数学の地位
第三節 術数類の案語と文献解題が語る術数学の地位(一)――主にその構成原理について
第四節 術数類の案語と文献解題が語る術数学の地位(二)――主にその存在意義について
第五節 術数概念の三時期説と四庫館臣

第四章 儒教知識人による風水思想の「発見」過程──朱熹以前から朱熹以後へ
第一節 はじめに
第二節  風水による墓地選択を「正しい礼教」に取り込むこと
第三節 風水思想を「正しい宇宙観」に取り込むこと
第四節 風水思想批判の論陣に生じた変質
第五節 朱熹以前から朱熹以後へ

第五章 王権に献げられた風水言説――朱熹の風水理解をめぐって
第一節 はじめに
第二節 風水思想の応用としての「地政学」
︱︱『朱子語類』巻二・巻七十九・巻八十九から
第三節 風水思想に従った帝陵造営の建言――「山陵議状」から
第四節 「王権に献げられた風水言説」の力と非力

第六章 「儒理」に基づく風水理論の再編――伝蔡氏撰『発微論』をめぐって
第一節 はじめに
第二節 『発微論』の撰者と執筆目的
第三節 『発微論』の構成と各篇の論述内容
Ⅰ 計一六篇の名称と、それらの配列
Ⅱ 「陽中有陰、陰中有陽」の存在論、及び「地理」と「人事」の相関論
Ⅲ 「陰陽配対」「陰陽中和」を念頭に置いた選地原理
Ⅳ 「気を逃さずに受け止めること」を念頭に置いた選地指導
Ⅴ 天と人の相関論――風水的世界システムにおける人為の偉大と限界
第四節 『発微論』の思想的特徴――「儒理」の在処をめぐって
第五節 儒教知識人からの風水思想批判に応えて

第七章 気の理論に施された改造――『劉江東家蔵善本葬書』鄭謐注をめぐって
第一節 はじめに
第二節 『葬書』という風水理論書、
及び『劉江東家蔵善本葬書』というエディションについて
第三節 『劉江東家蔵善本葬書』の鄭謐注に見る気の理論(一)
︱︱その一般的な局面において
Ⅰ 「新刊名家地理大全錦嚢経」及び『古本葬経』との本文比較・注釈比較
Ⅱ 『葬書』の本文に見る気の理論と、鄭謐注による「道学化」
第四節 『劉江東家蔵善本葬書』の鄭謐注に見る気の理論(二)
――陰宅風水に関する局面において
Ⅰ 『葬書』本文に見る陰宅風水のメカニズム
Ⅱ 「人格論的風水論」の導入による、風水的世界システムの拡張
Ⅲ 道学の語る「祖先と子孫の関係論」との符合
Ⅳ 朱熹に由来する、新しい「両刃の剣」性
第五節 『劉江東家蔵善本葬書』が『葬書』注釈史に与えた影響
第六節 儒教知識人からの風水思想批判に対する、もう一つの応え方として

第八章 選地技術を牽制する天︱︱風水を道徳と結び付ける言説の諸相
第一節 はじめに
第二節 『発微論』以後の展開――風水理論書に現れた選地技術と天の交渉論を分類する
第三節 「儒教知識人 兼 風水理論家」の自覚
第四節 天に関する言説が風水理論書の末端にのみ現れること
第五節 「儒教知識人 兼 風水理論家」の停滞と転進

第九章 機械としての墓と、人格を持った祖先
︱︱福建上杭『李氏族譜』に見る風水言説
第一節 はじめに
第二節 福建上杭李氏と『李氏族譜』の概要
第三節 始祖の墓をめぐる機械論的風水観
第四節 人格論的風水観の参入
第五節 天の役割への言及
第六節 始祖の墓に関する風水的言説と、宗祠に関する風水的言説
第七節 機械論的風水観と人格論的風水観の渾然一体化

第一〇章 結論

後記

参考文献
中文摘要
《儒學眼中的風水──自宋至清的言論史》
索引

詳細介紹:
http://www.fukyo.co.jp/book/b218000.html
圖片來源:

http://www.fukyo.co.jp/book/b218000.html

Share