書介--李暁辰,《京城帝国大学の韓国儒教研究 :「近代知」の形成と展開》。東京:勉誠出版,2016。

編輯人:李孟衡(台大歷史所碩士、本論壇編輯)

本書探討了具有傳統特色的儒教研究在以近代學術之姿登場的過程中,當時的韓國第一學府、京城帝國大學(今韓國首爾大學前身)於此期間有何研究成果、其特徵為何、以及當時的這些「儒教研究」有何限制。
京城帝國大學

目次
口絵―写真資料
緒言
第一部 学制篇
第一章 植民地帝国大学と近代学術―文科系を中心に
はじめに―京城・台北両帝国大学の設立と理念/一 京城・台北帝国大学の設立と諸問題/二 植民地帝国大学の使命とカリキュラム/三 京城・台北帝国大学の哲学関連講座の教員/おわりに
第二章 京城帝国大学における韓国儒教関連講座の再構成
はじめに―韓国儒教関連講座の再構成/一 韓国儒教関連講座の担当教員/二 韓国儒教関連講義と関わった日本人学者/三 韓国儒教関連講義の内容と卒業生/おわりに
第三章 京城帝国大学における韓国儒教研究活動/はじめに/一 総督府の儒教利用政策と京城帝国大学の韓国儒教研究/二 経学院と京城帝国大学の儒教研究/三 学内外における学術活動/おわりに

第二部 学術篇
第一章 高橋亨の韓国儒教研究
はじめに/一 高橋亨の著述にみる研究の特徴と傾向/二 高橋亨の韓国儒教研究と認識/三 高橋亨の韓国学研究の認識変化と限界/おわりに―高橋の韓国学をどう理解するべきか
第二章 藤塚鄰の韓国儒教研究
はじめに/一 藤塚鄰の著述にみる研究の特徴と傾向/二 藤塚鄰の韓国儒教研究―金正喜研究を中心に/三 藤塚鄰の韓国儒教研究の意義と問題点/おわりに
第三章 阿部吉雄の韓国儒教研究
はじめに/一 阿部吉雄の著述にみる研究の特徴と傾向/二 阿部吉雄の韓国儒教研究―李退渓研究を中心に/三 阿部吉雄の李退渓研究と植民地帝国大学の磁場/おわりに
第四章 韓国儒教理解の乖離:京城帝国大学の韓国儒教研究と韓国儒教界
はじめに/一 高橋亨と張志淵の「紙上論争」にみる儒学認識の差異/二 高橋亨と藤塚鄰の韓国儒教認識の差/三 近代韓国儒教研究をめぐる日韓学者の受容と無視/おわりに

第三部 戦後の歩み
第一章 戦後の日本における朝鮮学設立と展開―高橋亨と天理大学の朝鮮学会を中心に
はじめに/一 高橋の天理大学赴任と朝鮮学会の創設/二 天理大学と朝鮮学会の沿革/三 京城帝国大学と朝鮮学会の初期メンバー/おわりに
第二章 秋史研究資料の帰郷―藤塚鄰の金正喜研究資料の軌跡
はじめに/一 藤塚鄰の旧所蔵資料の状況/二 藤塚鄰の所蔵資料の概観/おわりに―金正喜研究資料の寄贈と残された課題
第三章 資料紹介:藤塚鄰の朴斉家研究―ハーバード燕京図書館の藤塚コレクション資料を中心に
はじめに/一 藤塚と朴斉家/二 藤塚コレクション所蔵の朴斉家の著作/おわりに
結論
注釈/主要参考文献/初出一覧/附録 写真資料/あとがき/索引

相關連結:
http://goo.gl/E3v8o7

圖片來源:
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51lLhXUI02L._SX348_BO1,204,203,200_.jpg

Share