Posts tagged with しつけ

心に届く「学び」の文化―江戸時代のしつけから考える―(心的「學習」文化-從江戶時代的教養思考-)辻本雅史…2015.04.29更新

Kaibara_Ekiken

心に届く「学び」の文化―江戸時代のしつけから考える―…2015.04.29更新 辻本雅史/国立台湾大学日本語文学系 Summary 日本語で「しつけ」というのは、幼い子どもに生活上の習慣や社会で守るべき規範を身につけさせることである。もとよりそれは教育の一面である。日本では昔から「しつけ」が生活の中で、当たり前のこととして(自然な形で、あるいは無意識のうちに)になされてきた。それは生活のなかのある種の文化であったといってもよい。ところが近年、生活形態、家族のあり方と、生活の意識の変化の中で、子どもに対する伝統的な「しつけの文化」が崩壊してきていると言われる。しつけは家庭の役割と考えられ、「しつけ」の衰退が家庭の教育力の低下とともに、危機的状況を迎えたと言うのだ。しかし「しつけ」を家庭だけの役割と考えるだけでよいのだろうか。 ここではこうした問題を念頭に、江戸時代に見られた「しつけ文化」の諸相を紹介してみよう。本論は、日本の昔の「しつけ」を今によみがえらせたいという願望をこめてのものでは、決してない。いわば、今の子どもに対する「しつけ」や教育あり方を考えるための、一つの鏡としたい、ということである。 [キーワード]身体、しつけ、貝原益軒、習慣   心的「學習」文化-從江戶時代的教養思考-  辻本雅史/國立台灣大學日文系 日文的「しつけ」意指教養(禮貌)。教養是日常生活及社會規範中,孩童所必須學習的,亦是教育的一個環節。自古以來,在日本的生活中,教養(禮貌)的培養是必須的,而且是日常生活中是自然而然養成的(自然的狀況或下意識),可謂是生活中的一種文化。然而,近年的生活型態、家庭組成、生活意識等諸多的變化當中,針對孩童的傳統「教養(禮貌)文化」,可說是每下愈況。我認為教養(禮貌)的養成是屬於家庭教育之一,隨著「教養(禮貌)」及家庭教育日漸衰微的同時,此狀況是一種危機,不過,「教養(禮貌)」的養成,僅只限於家庭裡嗎?本篇文章以上述的問題作為切入點,介紹江戶時代的諸多「教養(禮貌)之文化」,並且以元祿時代的儒學家ー貝原益軒及其著作『和俗童子訓』,以探討江戶時代的兒童教育。 由以上的問題點,本稿將介紹江戶時代的「教養(禮貌)文化」,但是本論絕非是重新提倡日本江戶時代的教養(禮貌)之養成,筆者僅以當時的教育情形為一借鏡,重新探討現今孩童的教養(禮貌)及其教育方式。 貝原益軒 (來源:Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%9D%E5%8E%9F%E7%9B%8A%E8%BB%92#/media/File:Kaibara_Ekiken.jpg)  

Share